電話でのお問合せ   

製品紹介

※テストキャビンはセルテクノスの標準トルク測定機です。

テストキャビンで開発から品質管理までさまざまなトルク解析に対応

検出部・制御部をユニット化し自由に選択組合せが可能な業界初の標準機

定格トルク10mNm~1KNmまでを選択可能

  定格回転数:1rpm~20,000rpmまでを選択可能

※コントローラのみの販売も可(近日公開)

テストキャビンでできる測定項目

モータトルク測定:T-N(トルク回転数)測定・一定トルク測定・速度スイープ測定・一定速度測定・トルクステップ・効率マップ・コギング・トルクリップル

パルスモータ:プルイン測定・プルアウト測定・セットリング・角度誤差・ディテントトルク・ホールディングトルク・θ-T

減速機伝達特性測定:ロストモーション・剛性・角度伝達誤差・効率・無負荷ランニングトルク・起動トルク・逆起動トルク・逆効率・位置決め誤差

ボールねじ:与圧トルク測定・起動トルク・JIS準拠トルク測定

ワイヤー:角度伝達測定・トルク伝達測定

ネジ:ねじ込みトルク測定(スラスト荷重付)・引抜トルク測定・ねじり破壊トルク測定

コネクタ:ねじ込みトルク(スラスト荷重付)

製品構成

測定仕様をご提示いただければユニット構成を選択し御見積いたします。

解析ソフト Cabin Logic キャビンロジック

手動操作画面
グラフ表示画面CSV保存

※ソフトはお客様用にアレンジ可能

アプリケーション例

減速機伝達特性測定機

遊星減速機から波動減速機まで自動化・ロボットで需要が高い精密減速機の特性評価

精密減速機に必要なデータ解析が可能

測定10項目
・効率
・角度伝達誤差
・剛性
・ロストモーション
・無負荷ラニングトルク
・起動トルク
・逆起動トルク
・逆効率トルク
・繰返し位置精度
・軸共振

製品構成

中型減速機評価機 TC25

出力トルク200Nmまで

特徴
1.出力負荷にモータを使用
2.1台のベンチですべての項目を測定

大型減速機評価機 TC45

出力トルク1KNmまで

特徴
1.500Nmの出力ブレーキ
2.バックドライブ1KNm
3.トルクセンサーの切替で1Nm以下の小トルクから1KNm大トルクに対応

検査ライン用 TC200

特徴
1.角度伝達誤差・剛性測定を自動測定

無負荷ランニング測定

0.001Nmのトルク分解能
入力回転数100~6,000rpm

起動トルク測定

0.001Nmのトルク分解能
入力回転数100~6,000rpm

角度伝達誤差測定

出力軸1回転30,000ポイントの分解能
(サンプリング間隔:2msec)
CW/CCWのMAX・MINと1ステップ誤差を測定
CWとCCWの角度差よりバックラッシを測定
角度検出器分解能±1秒

剛性測定

入力側を機械的に固定し出力軸側をねじり測定
8ポイントの個所を自動測定
3か所(T1T2T3)のばね定数を算出
角度検出器分解能±1秒